紙月のあなたに伝えたいこと

少しだけためになるお話
読む幸せはじめました

相手が求めることに応えることだけが正解ではありません。


「彼は私に何を求めていますか?」「彼女が僕に求めるのは何ですか?
相手が自分に何を求めているのかと考えている時点で危険が潜んでいますよ。



何かをしてあげたいという気持ちは一見「美徳」ですが
多くの場合必要のないもの、お節介であることが多いように感じます。



例えば、恋愛関係でもない異性が「自分に求めるものは何ですか?」と聞かれますが、そんなものは誰も求めてはいません。つまり自己満足と親切の押し売りではないかと疑ってみてください。



そういった場合の多くは、


・過剰に相手に好意を押し付けたい
・相手が自分をすきだと「思い込んでいる」
・自分が想えば同じだけの愛を得られると勘違いしている


これでは、全く相手の気持ちを考えていませんね。
自己満足ですよ。気を付けてくださいね。


心の底で見返りを求めているのではないですか?
ご自身の心を考えてみてください。



また。残念な事に終わっってしまった恋に、片方が執着を持つ場合、
逆恨みが生じやすいですよね。


人の愛は成果にこだわります。
認めない相手の反応に逆上します。仕事では
信念を貫かないということは、心を曲げることになるかもしれません。


果たしてこれらが望む結果ですか?


まずは悪縁を認識し、排除すべきです。


不運は、幸運へのステップあっぷです。
足元を見据えて、この瞬間から幸運をてしいれましょう。


モモンガ