紙月のあなたに伝えたいこと

少しだけためになるお話
読む幸せはじめました

自分を赦す(ゆるす)こと


30代の頃に、重い病気にかかったことがあります。
心に傷を持ち、とても疲れきっていました。


そんなとき、ある動画と、ある曲にであいました。

The Interview With God (flash presentation) (HD)


神様へのインタビュー


私は神にインタビューをしている夢を見た。


「入ってきなさい。」
神は言った。
「あなたは私にインタビューしたいんだろう?」


「もし、お時間を頂けるなら。」
私は答えた。


神は微笑んで言った。
「私の時間は永遠であり、何をするにも十分だ、
一体何を聞きたいのか?」


「人間のことについて、
何が最もあなたを驚かせることでしょうか?」


神は答えた。
「子供でいることをつまらなく思い、急いで成長したがるのに、
大きくなると、また子供に戻りたがること。」
「お金を稼ぐために健康を損なうほどするのに、
結局、健康を回復するためにお金を失っていること。」
「将来について心配しすぎて現在を忘れており、
結局、将来も現在も満足な生き方ができないこと。」


神は私の手をとり、私たちはしばらくの間、沈黙していた。


そして私が尋ねた。
「一人の親として、子供たちに学ばせたい
人生のレッスンについてお聞かせください。」


神は笑顔で応えた。
「最も大切なことは彼らの人生で何をもっているかが重要でなく、
誰を持っているかが重要だということ。」
「彼らを本当に愛している人がいること、
しかし単に、どう表現すればいいかわからないだけだということ。」
「お金は何でも買えるけど、幸福は買えないこと。」
「二人の人が同じものを見ても、全く違った風に見ること。」
「真の友人とは、彼らについて全てを知っており、
何があっても彼らを好きだというと。」


「他人から許されるけれども、
自分自身を許すことについては、いつも十分でないこと。」


私はしばらくの間そこに座って、その時間を楽しんでいた。
私は神に、私と私の家族のためにしてくれたことについて感謝した。
そして神は応えた。


「いつでも来なさい。わたしはずっとここにいる。
ただあなたは尋ねさえすればいい。私が答えよう。」


引用先
神様へのインタビュー - MyLifeYourLife


..................................................


時を同じくして知り合った、
弾き語りのシンガーソングライター【龍之介】さん


龍之介 OFFICIAL SITE


中でも癒されたのが名曲「ロマンチストの月」

龍之介/ロマンチストの月:RYUNOSUKE/ROMANCHISUTO NO TSUKI


..................................................



人生には「はっ!」と気づかされるフレーズがあって、
悩み嘆くよりも、感性のアンテナを張って、
自分のための栄養を貯めておく時間が必要になります。


発散型の方も多くいらっしゃいますが、
私の場合は五感で感じる事が救いになりました。


そんな「きっかけ」になる記事を今後も目指していきたいと思います。
ゆっくり記事のアップになると思いますが、末永くお付き合いください。


黄昏モモンガ