紙月のあなたに伝えたいこと

少しだけためになるお話
読む幸せはじめました

誰も他人を愛することはできない 他人の内にいると思っている自分だけを愛する



フェルナンドペソアとの出会い


私の人生に、
救いの言葉を与えてくれた作家(詩人)の言葉です。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


「誰も他人を愛することはできない」


「他人の内にいると思っている自分だけを愛する」


「愛されないことを悩まなくていい」


「人はお前をたにんとして感じたまでだ」


「お前はお前のままであろうと努めよ」


「そうすれば愛されようが愛されまいが」


「わずかな苦しみを被るだけだ」


「誰も他人を愛することはない」


フェルナンド・ペソア


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


これは三浦春馬さんが出演された、
日本・中国合作映画「真夜中の5分前」(
原作は本多孝好さんの小説『真夜中の五分前』での
ワンシーンに出てくる言葉です。


自分が愛するのは、自分だけだと知る事で、
相手が自分をどう思おうが自分自身の問題であると気付くことで、
苦しみから解放されるのです。


誰かの心が手に入らないと思って悩んでいらっしゃる方には、
それが、相手のせいでなく、
ご自身の問題であると気付いていただけたらなと思ったので、
この記事を残しますね。


モモンガ

真夜中の五分前 [DVD]
真夜中の五分前 [DVD]
アミューズソフト
2015-07-08
DVD
真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫)
真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫)
新潮社


行定勲監督×三浦春馬!映画『真夜中の五分前』特報