紙月のあなたに伝えたいこと

少しだけためになるお話
読む幸せはじめました

未来のあるひと、ない人。幸せの価値


理解できる人には是非読んでいただきたいです。未来のあるひと、ない人。幸せの価値


運命について


50歳とか60歳になると、ほぼ大体、私がおもったような人物になっているので、占うのも「もう人生変えなくてもよくない?」と思うのですが、捨てきれぬ夢を抱き最後の悪あがきをしようとする人がいます。


とこえろが、私がみた数千人のほとんどが、(言わない部分は多いけれど・・・幸せのためにね)生まれ落ちた時点で人生が決まっています。


例えば、陰陽五行説でいう天乙貴人という人は、生まれながらに銀のスプーンをくわえて生まれてくるとありますが、その幸せはその人にとっての最善でしかありません。


つまり、輝きの限界が決まっているけれども、本人は苦労をせずに生きていけるといったことを幸せと思いなさいという事です。(その分、周りがフォローしなきゃならないので面倒です。自分が思うほど大したこともないですし)


ところが、青龍格や、それに加え六合などのMIXとなると、無限大の可能性を秘めています。


本来「幸せ」は個々の主観でしかないのですが、とんでもなく並外れた方が中にはいらっしゃいます。九星でもお話しましたが、本人が輝く石であれば、輝きはそれだけのものです。しかし、光る可能性を含んだ原石は、とんでもない作用を起こすのです。


先ほどいいました「幸せの価値感」とは、同じ次元でも、10%で幸せと考える人がいれば120%で幸せと感じる人まで様々です。


それに気付いていただくのが私の仕事なのですが、中身が伴わないのに、欲だけの大きな人は、一生幸せを手にいれることはありません。


これは「向上心」とか「見栄」とは関係ありません。個人の価値観なんです。文句や愚痴をこぼしてばかりいる人には、幸せは訪れません。


一番面倒です。努力も、視野を広げることもしない間は、幸せになどなれないのですが、欲がその人の可能性を閉じ込めようとしています。



モモンガ